読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで文章力は上がるのか?いや、そんなことはない・・

Web・SNS アート・クリエイティブ 考察・コラム・エッセイ・人生論


ヤーマン!ごきげんよう。
スグル(@soogle01)です〜。


先日、ぼくのブログを読んでくれた友人から「ほんと文章力あるなぁ〜」ってお褒めの言葉を預かりまして、「・・そうかなぁ」って本気で疑問になってしまい、ちょっと今日は考察してみたいと思います。

f:id:soogle01:20160821084453j:plain

文章力ってなに


ふと考えてみると、「文章力ってなんだ?」と思いました。


多分、総合的なものなんだろうけど、(文章力の) ある・なしってなにを基準にしてるんだろうって思います。

で、ちょっとググってみたんですけど、こちらのサイトが参考になりました。
文章力ってなんですか?


このサイトで結論づけるなら、文章力とは

・書きたい内容を伝える能力
・いかに読みやすく、わかりやすいか

これが大事っぽいですね。
ぼくは本当に手の進むまま書き連ねているので、こういった要素はあまり意識していません。
ってことはセンスを褒められたのだろうか。笑

 

ブログで文章力はあがる?


これ、ぼくの考えは「NO」であり「YES」でもあります。


まず、正しい文章の書き方みたいなのは全くシカトして書いてますし、もちろん段落や行間とか、もう視覚的なセンスでやってます。

これはまず、目指してるところが違うからなんだと思います。
ブログはいかに読みやすく面白く、そしてこのブログにアクセスをもたらしてくれるかが大事っぽいですし、教科書っぽい書き方は逆に読みづらいですぼくは。

ブログの書き方に慣れてしまうと、なんか正しい書き方を忘れてしまうんじゃないかって最近思うようになりましたが、そもそも正しい書き方なんてぼくは知らないのでいいやってなりました。

YESである部分について


逆に、「書きたいことをまとめる技術」は上達してくると思います。

(視覚的に)綺麗に段落で分けたり、(正しいやり方ではない)改行だったり、写真を入れる位置だったり。

それこそ言葉遣いだったり。
気付いてる人がいるかはわかりませんが、ぼくはこのブログで「タメ語」だったり「丁寧語」だったり、色々使い分けてます。

書きたい内容を、一番上手に表現することが大事なので、こういった柔軟なブログのやり方は、ある意味文章力が上がるでしょう。

この記事なんかも、もちろんぼくが書いてます。

比喩だったり、改行の多さだったり、上手く表現出来ればなんでもいいっちゃいいです。
正しい教科書的な書き方を習得したわけじゃないので。

他にも、ちょっとトゲのある書き方もします。
この記事なんかは、それが如実に出てるかと思います。 


ですが、全ての記事で一貫して一人称を「ぼく」にしたりしてます。
漢字で「僕」を遣わないのは、ひらがなの方が柔らかい感じがするからです。
 

まとめ


ブログを書くことによって、文章力は「ある意味上がる」ということになりそうですね。
語彙力や正しい文法は、ブログを書くことによって直接的に習得できるものではないと思います。
むしろ、その辺はアウトプットよりもインプットがまず大事ですね。

ぼくはブログを「ストレス発散」として見てるので、日常の出来事や、考察をいかに創造的に表現出来るかを今後とも突き詰めていきたいと思います。


こちらもあわせてどうぞ