読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島も良いけどお隣のロンボク島も超オススメ!

 

ヤーマン!ごきげんよう〜
スグル(@soogle01)です。

こないだの5ヶ国放浪の中で一番気に入ったインドネシアを書こう!Yes!!

オーストラリア→インドネシア→マレーシア→タイ→ラオスな感じで約2ヶ月半放浪してた。

 f:id:soogle01:20160807153840j:plain

 

バリは小笠原と似てる


ぼくは今小笠原諸島父島に住んでるんだけど、この島はバリっぽさがある。
島民や、サーファーが昔からしょっちゅうバリに通ってるからという一面もあるだろうな。
雨の匂いやプルメリア、植物の感じとか、バリを歩いてる時に「あ〜この感じは小笠原だ・・」と嫁と一緒に味わったもんです。

ぼくはもうサーフィンまっしぐらだったから、嫁の方が繊細なところも相俟って色々小笠原と通ずるモノを感じてたと思う。

ぼくはもうホントにバリニーズと「BALI SAIKO---!!!」って叫んで波乗りしてただけなんで。あれウケたな。

f:id:soogle01:20160807154057j:plain

 

バリも最高だけどロンボクもぜひ!


ロンボク島はバリの隣の島。

 f:id:soogle01:20160807073116p:plain


見た感じでわかると思うけど、大きな島。
船で渡ることもできるし、飛行機も飛んでる。
飛行機は一日に数便フライトがあって、30分で着く。

ぼくは船で行きました。バリのあらゆる旅行代理店でロンボク行きのチケットが売ってるから、信頼のありそうなところで買いましょう。
パダンバイからロンボクへ。モロ積載オーバーな感じで渡りました。

一番の魅力は素朴さ


素朴とロンボクで韻を踏みたいけど一回我慢する。


20年前のバリと言われるほど、まだまだ素朴さが残っているロンボク。
スンギギなどのリゾート地もあるけど、笑っちゃうくらいお値段がスゴいのでクタへ。

最初のタクシーに乗っているときの周囲の眺めからもう好きになっちゃった。
バリとこんな違うの?って思うくらい田舎。

 

f:id:soogle01:20160807154441j:plain



バリにもクタはあるけど、ロンボクのクタは全然ド田舎で、一瞬で惚れ込んだ。

f:id:soogle01:20160807154706j:plain


目の前の広く美しいビーチも、バリとは違って全然人が居なく、しつこい物売りもいない。

f:id:soogle01:20160807154840j:plain


砂埃舞う、夕暮れの街並み。道もデコボコ。島全体のユルさが伝わる。

幸運にも、出来たてホヤホヤの宿、「ジェラホームステイ」を見つけ、格安で泊まる。

 

グルプックでサーフィン!

 

ロンボクの波も是非味わいたかったので、宿のにーちゃんにバイクを借りて隣街、グルプックへ。

f:id:soogle01:20160808062533j:plain


ここもさほどクタより変わらず、小さくした感じ。波も最高だった。ボートエントリーがサーフトリップ感あって素敵だよね。人生で一回はやってみたかったんだ。

f:id:soogle01:20160808062645j:plain

 

フレンドリーさがGood


バイクで行き止まりまで行ったら牛さんが歩いてて良い感じで、牛飼いのにーちゃんにタバコ1本あげたり。

f:id:soogle01:20160808062742j:plain


サンセットをビーチで見ようと思って歩いてたら、「飲も飲も!」って。ロンボクの言葉であるササ語をおしえてもらったり、こいつらがキロロ歌ってたり、トゥアという酒、つまみの魚も全部くれたり、非常に陽気で優しかった。

 

f:id:soogle01:20160808062825j:plain


旅で一番楽しいのがこういう時間かもしれない。
場所の価値は人で決まると思うし。

インドネシアンはビジネスのため、日本語が多少喋れるひとも多いから、面白い。

まとめ

 

何と言っても、超スローな感じ、田舎具合が魅力な島だと思う。ぼくはクタ・ロンボクくらいがちょうどいい。
ちゃんと飛行機もあるし、バイクで隣街に波乗りに行けたりもする。

メシだって美味いし、インドネシア全体が物価安いし。人もやっぱり素敵だし。ぼくはこの国の雰囲気と人々のノリがすんごく肌に合う。

 

f:id:soogle01:20160808063547j:plain


多分、いつか移住してる気がする。

バリも良いけど、時間に余裕がある方は、ぜひお隣のロンボクに行ってみて。バリとはまたちょっと違った感じを味わえるよ。

田舎なだけに、バリよりも治安が悪いからそこだけはいつも通り気を引き締めよう。

こちらもあわせてどうぞ