読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【小笠原へ移住】一番の魅力を移住者目線で考えた結果・・

アイランドライフ バックパッカー ライフスタイル 小笠原諸島

 

ヤーマン。どうも〜
スグル(@soogle01)です。

バックパックを前と後ろに担いで、初めて小笠原諸島に来島したのが20歳の時。
仕事と住む家も決めてから来た。

父島母島の両方に住み早2年半。気がつけば島生まれの嫁さんまでもらってしまった。
ここが気に入らなくて内地へと引き上げる方ももちろんいるけど、ぼくはめっちゃ好き。
なんで好きなのかと聞かれたら、面白いからとかしか答えられないんだけど、静かなこの朝に、ちょっと深く考えて書いてみようと思った。

f:id:soogle01:20160804082522j:plain

 

マジで感動的な自然が目の前に

 

旧島民(ローカル)・新島民(移住者)関係なく、ほとんどの在住者がこの雄大な自然に惚れてると思う。
もちろんぼくもその一人。

毎日毎日空と海を見て風を浴びてるから、自然界の表情がわかるようになってくる。
「今日海ヤバい綺麗だな、こりゃ仕事終わったらGOだな」とか、
「ん、風が変わった。雨がくるぞ」とか。

f:id:soogle01:20160804082731j:plain


ローカルの友達は、これを生まれた頃からずっと感じて育ってるから、サンセットの具合を見て「お〜こりゃ明日雨だ」とかもわかる。

家のベランダからは天の川もハッキリ見えるし、ちょっとコーヒー淹れてカメラ持って、少し山入ったところに一人でサンセットに癒されに行ったり。

f:id:soogle01:20160804083201j:plain


海の透明度は世界レベル。動植物の固有種率は94%。
ハトもスズメもカラスもヘビもいない変わりに、世界中で小笠原にしか生息していない生き物たちがたくさん居る。

 

ゆるい雰囲気・アガり過ぎなイベント


小笠原の排他的な一面はないとはもちろん言い切れない。
その人のコミュニケーション能力や、アプローチの仕方で変わってくることもあるから。
でも、それでも移住者(新島民)だらけのこの島は、誰でもウェルカムな感じがでてると思う。
単に移住したいだけのひとは、もう全くなんの心配もないとぼくは思う。こっちでビジネスを拡大するとか、新しく始めるとかなら話は別だけど。

例えば、これから始まるサマーフェスティバルには毎年「盆踊り」が含まれているんだけど、これがハンパない。
一節には「日本一盛り上がる夏祭り」とも言われてる。
ぼくが参加した初めての盆踊りは雨だったけど、男はみんな上半身裸でブッ飛んでた。
2回目はぼくはもうベロベロでぐちゃぐちゃだったけど、超〜楽しかった。笑

 

f:id:soogle01:20160804083504j:plain


なんかこう、当たり前っちゃ当たり前なんだけど、緩い感じの雰囲気が素敵。
もちろん働く会社によってめっちゃ厳しいところもあるだろうけど、上手く良い会社に滑り込んで、海や自然で遊ぶ道具や方法を身につけたらもうめっちゃ楽しいと思う。
しかも、ここは東京都だから賃金が良いよ。多分日本一稼げる離島かもよ。

それに加えて彼女なんて出来ちゃったら人生ってこんな楽しいの?って思えちゃうよ。

つい最近参加した「小笠原貞頼神社例大祭」は、先輩サーファーによる悪ノリで強制参加させられたんだけど、これがもう素敵だった。ホントに。

神輿を担いだまま海にぶち込んでいって、沈めまくって皆で手を繋いで海から引き上げるんだよ。ヤバくね。
しかも服装自由・誰でも参加オッケーだよ。ぼくは裸足に水着にハッピ。笑
こういうイベントが和気あいあいと行われるのはここしかないんじゃないだろうか。超ピース。

 

f:id:soogle01:20160730173428j:plain

 

何と言っても"人"が面白い


最後に。
やっぱり一番思う、小笠原の面白いところは「人」

濃いひとが多すぎる。わけわかんないブッ飛んでるひとが日本一高密度で居る場所だと思う。

 

f:id:soogle01:20160804084228j:plain


自分たちの手でヨットを作ってそれで旅したり、このひと明日のこと考えたことあるのかな・・って心配になるくらいの65歳イケイケサーファーだったり、もうわけわかんない。
家がすぐそこにあるのに毎日外で気持ち良さそうに寝てるひとだったり。

この間は友人(先輩)が、船を並走させて、父島から母島までサップ(SUP)で約50kmの外洋を13時間かけて行った。マジでカッコいいけど、どんな神経してるんだろうって思うよ。笑

私旅してました、世界一周しました、海外住んでました、、、とかは特に驚かれることもなく。「へぇ」くらいの印象。
そんなひとたちが多すぎるので、そこまで珍しさがない。

すっごい素敵だと思うのが、「次どこ行くの〜?」って会話が当たり前なところ。
旅人が集まる島だから、こういう会話が多い。旅の情報交換とかもしやすい。
ぼくが今勤めてる会社も、旅人率がめちゃ高い。

誰も声はかけないけど、広場に自然に集まって楽器やって酒飲んで夜の海飛び込む感じ。
たこ焼きやろうってなったら、まずタコをパパッと捕まえてきて始めたり。

 

f:id:soogle01:20160804084410j:plain


小笠原諸島に住んでるひとは変なひとばっかり。
これがぼくが小笠原が好きな一番の理由。

やっぱり場所の価値は人で決まるよね。

 

まとめ

 

一番思うのは人。本当にこの島に集まってるひとたちは面白いひとたちが多い。

移住するならぼくはオススメしたい。
やっぱり人間は人間関係で成り立つ生き物だと思うし、移民者ばかりで排他的要素が少なく、面白いひとたちが沢山いるこの島はとっても刺激的で、クリエイティブに楽しめると思う。

yahoo知恵袋とかにも、たくさん書き込まれてたりするけど、こればかりは移住してみないとわからない。

気候や手付かずの大自然は気に入ってるけど、なんか居心地が悪いとか、不便さを懸念して来てみたけどそんなことどうでもよくなるくらい島が気に入ったとか、ほんと来てみないとわかりませんよね。

楽しいは自ら創り出してゆくもの。
どこにいても楽しむは自分次第ですよ。

 

こちらもあわせてどうぞ