読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかくつまらない、人生に空虚感がある方には「移住」をオススメします!

 

ヤーマンどうも。
スグル(@soogle01)です。

徳島県宍喰にプチ移住中というお話は過去記事からどうぞ。


先月に無事息子も生まれましてね、色々と考えることが多いと言いたいところですが、

実際は育児が大変でそれどころじゃないって感じです。

とりあえず「大変だけど楽しい」で全て言い表せるんですが、今日は「人生がつまらない」・「なんか人生に空虚感がある」って方に移住をオススメする記事を書きたいと思います。

 

f:id:soogle01:20161224103617j:plain

 

人生がつまらないときもあるよね

 

わかります。
あるよね。そういうときはある。

多分、一見、人生を謳歌してるようにみえるひとでも「なんかちげぇ〜な〜」って本人は感じてることとかもあるよね。

毎日仕事→家に帰って軽く飲む→SNSいじる→寝る

この繰り返しのひと、多いんじゃないでしょうか。

人生つまらんなぁ・・


って。
しかし、それが大多数の人間に当てはまることでもあります。

それが普通っちゃあ普通なんですね。

かくいうぼくも、ただの一般人です。
ちょっと世間から若干脱線気味の生き方をしているかもしれませんが、ただの一般人です。

普通に学生時代をすごし、訳あってフリーターもやっていました。まぁ、ある意味ずっとフリーターかもしれません。笑

フリーターやってたときは、「なんかちげ〜な」って虚無感的なものもありました。

旅を覚えてからは人生が一気に変わりましたが、やはりそういう「先行きが不安になる」ような感覚には、たまになります。

っとまあ、結構多くの方が「人生つまらん」と思っているんじゃないかと思います。

 

そんな方に移住をオススメする理由

 

そんな簡単に移住なんて出来るか!

と言われたらそれでおしまいなのですが、移住するとほんと色々変わりますよとぼくは強く主張したい。

まず、受ける刺激が一気に変わる

人は環境にかなり左右されます。
職場を変えるだけで、とんでもなく色々変わりますよね。

居住レベルで変わると、すんごい色んな刺激を浴びることになり、一気に自分の世界が変わります。

かなりベタなこと書いてますが。笑

ぼくが以前に書いたこのエントリを参考にしてみてください。 
この記事はテレビで小笠原が紹介される度にアクセスをしっかり集めてくれる優秀な子です。


その地域が特異であればあるほど、ヘンなひとに出会えば出会うほど、「うそやん」って思うことが沢山。

自分の中では無かった常識に触れることになります。

例えば、今ぼくは徳島県宍喰に期間限定のプチ移住中ですが、ここでも本当に面白いことが沢山あります。

一例を挙げるなら季節労働のみかん(ポンカン)収穫。
「職場環境が良かった」といえばそうなんですが、まぁ記事にまとめましたのでお時間ありましたらどうぞ。


あとは、何かしら祭事がある度に行われる「餅投げ

なんか、お寺の住職さんや関係者のお偉いさんみたいなひとが上から餅を投げるんです。笑

これは地方によっては当たり前のことかもしれませんが、ぼくは結構カルチャーショック的なのを受けました。

ぽいぽい餅をぶん投げて、おじいやおばあが、血眼のごとく取りまくる。

動体視力に自信のないおばあとかは、空中でキャッチ出来ずに地面に落ちた餅を最初から狙いにいく。
ハイエナの如く。

ぼくは動体視力の低いおばあに地面戦は譲る、&元バスケ部という利点で、もっぱら空中戦へ。

しかもみんなかなりガチ。

餅とはいえ、油断して顔面とかに当たると普通に腫れます。

 

f:id:soogle01:20161224095933j:plain↑餅投げに備え、ポジション取りする観衆の群れ。@城満寺

 

f:id:soogle01:20161224095903j:plain↑宙を舞う餅。みんながっつきが本気すぎる。@赤ちゃんの土俵入り祭

 

f:id:soogle01:20161224095917j:plain↑餅投げが終わると一瞬で解散する観衆。

 

まだイベントは続くのに3分の2くらいは解散しちゃいます。

ビックリしました。ほんとみんな現金な人たちです。笑

このように、移住は本当に刺激を受けるんです。

 

でも結局のところ良い状態の自分でいられるかどうか

 

しかしですね、結局は「良い状態の自分でいられるかどうかがカギ」なんですね。

その「良い状態」に一番持って行きやすいのが「移住」だと思います。

短期間の旅でも良いと思いますよ。


結局、自分の調子が悪いと何やってもつまらないし、ワクワクしません。

つまり、良い状態に持っていくのが上手なひとは別に移住も旅もする必要なんてないんですよ。

ただ冒頭に書いたように人が環境から受けるものってのは非常に大きいんです。

・なにやっても晴れない
・なんか色々とめんどくさくなってきた

という方は、リセットの色が一番強い「移住」をオススメします。

 

まとめ

 

ぼくは移住を2〜3回経験しました。
旅も大好きで、特にバリ島はほんとぼくの肌に合っているなと感じます。

気の合う仲間を連れて、もう1回行きたいなという意味ではオーストラリアかなって思います。

特にバイロンやボンダイビーチらへんの空気感・文化・カフェにはもっと触れて勉強したいな〜と思います。

ちょい逸れましたが、「人生がつまらない」、なんか虚無感に襲われている方にはとりあえず「移住」と、あとぼくのこのブログをオススメします。笑

過去の記事も読んでみてくださいね。

こちらもあわせてどうぞ