読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amwayこそ中途半端な覚悟でやらない方がいいよ。

考察・コラム・エッセイ・人生論 仕事 ライフスタイル

 

ヤーマン!ごきげんよう。
スグル(@soogle01)です。

友人がネットワークビジネスでなんだかバトってるというか、揉めてる?ので思ったことをつらつらといきましょうか。

 

f:id:soogle01:20160803204354j:plain

 

Amwayをやるという定義


まずハッキリさせておきたいので、ここから。
ぼくが言う、Amway(ネットワークビジネス)をやるっていうのは、ビジネスとして捉えているという意味ね。

ただ商品を購入するための登録(やる)というのはまた別の話で。

 

Amwayにおけるぼくのスタンス

 

次に、ぼくはAmやその他ネットワークビジネスをやることに関して、中立なスタンスであることも先に書いとく。
友人にネットワーク、Amをやってるひといるし、中にはそれだけでメシを食っていってるひともいる。
Amwayを本気で愛してるひともいる。その人のこと、ぼくは好きです。

好きなひとの好きなものを否定したくはないですね。

ただ、今回友人がちょい揉めしてるので、ぼくは「Amway(ネットワークビジネス)こそ中途半端な覚悟でやらない方がいいよ」と、この場を使って言いたいなと思う。あ、不特定多数のひとたちにね。

 

Amwayには4種類の人間がいる

 

Amway並びに、ネットワークビジネスの商品は「品質が良い」ということが前提になりますね。
それを紹介して、ビジネスを拡大していくわけ。ここから先は割愛。

もちろんAmwayの商品も質がいい。うちのおばあちゃんも良い感じに使ってた。

で、Amwayに登録してる4種類の人間というのは、

・Amwayをビジネスとしてみてる
・Amwayの商品が好き
・その両方
・登録してあるだけ

これ。

まずぼくは「商品は好き」です。
Amwayビジネスは「特にそそられません」という感じ。

生活と収入がもう少し落ち着いたら商品を買い始めようかなと思ってる。
それくらい商品の質は良いと思うよ。

セミナーも2〜3回行ってみたけど、あれはすごく勉強になるね。さすが成功者のひとたちの話はレベルが違うって思った。純粋に楽しかったよ。
「一緒に行こうよ」とぼくを勧誘したいひとと一緒に行くのではなく、自分一人か、もしくはまったく違う方面の友人と行くともっと面白いと思った。

 

とりあえずやってみる...?


「まず始めろ」
「とりあえずやってみる」
「やればわかる」

世にはこういった素敵な言葉があるけれど、ネットワークにそれを当てはめない方がいい。
友達いなくなるよ?

キミが中途半端な気持ちで紹介すると、紹介した方の人生までぶち壊しかねないよ、とぼくは言いたい。誘うなら本気で誘って導かないと。

多少のリスクや損失が出てもこれで成果を出す

と心に誓った方は、もう真っ直ぐに突き進めばいいと思う。
ぜひ、覚悟キメて「本気」モード入れたひとに口説かれてみたい。
むしろ本気なら非常に仲良くなれそう。

両手にあるもの捨てて、掴みにいくんならそりゃ上等だ。

中途半端にやると、もうビックリするくらい損失が出るよ。
特に、時間や経済的な自由を求めることが一番目に来てしまってる場合はだいぶしんどいことになると思う。
それを求めることは善悪関係ないけど、これに目を輝かせて人を巻き込んでいく場合はどうも世間の目は少々冷たいからね。

保身的な日本人にはそもそもあまり向いてないってこと。

商品が本当に好きで、健康面的に考えて勧めたいのならまだしも。

じゃあ誰が成果を出してるの?って聞かれたら、ぼくの友人のネットワーク成功者は「本気」ということ。まったく世間の目を気にしてないし、自分の信じた道を真っ直ぐ行ってる。

逆に、自分の道を信じれてないひとに誘われても誰がついていくんだろう。
少なくともぼくは前者についていく。もしぼくがAmをやろうと決めたんだったら、前者の懐に飛び込む。

そのくらいの覚悟が必要なことですよ。
Amwayに関して言えば、企業自体は悪くないけど、一部(大部分?の)営業マンたちが評判悪くしてるからね。ヘッタクソな営業マンが。

ビジネスとして風当たりが無駄に厳しい企業では、無駄に自分の評判も悪くなることがありますよという話。

経済的・時間的な自由を得れたはいいけど、友達いないのはなかなか寂しいでしょ?
ぼくの好きな映画INTO THE WILDのラストシーンで孤独を選んだはずの主人公が「幸福が現実のものとなるのは、それを誰かと共有したときだ」って言ってました。

じゃあどっちも欲しいって?
そりゃ頑張るしかないでしょう。半端ない覚悟で。

今やFBにも軽くて甘い謳い文句なビジネスが出てきてウザいけど、そもそもそんな中途半端な感じで掴めるものじゃないよ。
楽して成功しました風のひとたちも、フタを開ければ強烈に苦労した過去や、何かを失ってる場合が多いよ。(ぼくが以前に知ったビジネスもフタを開ければそんな感じだった)


「自由になれる」「働かなくても収入が入る」とそれだけしか見えてない人、しかも軽い気持ちで。この言葉に踊らされるのは勉強不足な証拠でもあります。(過去に2回踊った。笑 両方気持ちは軽くて中途半端だった)

成功すれば経済的にも時間的にも自由になれるのは実質間違いないと思うけど、よ〜く考えた方がいい。
この文を読んでビビるくらいなら是非やめた方がいいよ。何事も中途半端はだめだけど、ネットワークビジネスに関して中途半端は、レベル違いますよ。世間の風当たりが強いですよ。その逆風の中でもおれはいけると信じれるなら、マジで突き抜けていってほしい。


ネットワークを本気でやる方はぼく、応援してます。
盛大にぼくを口説きに掛かってきてください。

よそよそしい言い方や男らしくない遠回しな言い方で勧誘してくるのは大嫌いなのでやめてね。

こちらもあわせてどうぞ