読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨を感じるひともいれば、ただ濡れるだけのひともいる。

 

f:id:soogle01:20160616174629j:plain

 

雨を感じる。

 

雨を天気が悪いと決めつけるのはナンセンス。

最近、よくそう思う。

 

天気に善し悪しは、多分ない。

 

ただ、そこに天気があるだけじゃないかな、と。

 

雨の日は、ただ雨。晴れの日は、ただ晴れ。

 

そこにいちいち意味をつけ、自分の気分まで沈めようとするのはちょっと不毛だと思う。

 

朝、雨音で起きるのが好きだ。

「お、雨か・・」しっぽりと葉を打つ雨音に耳を傾ける。ただただ。

もちろん仕事だったらちょっとめんどくさいけど、まぁこういう日もあるだろうと。

 

雨を感じるひともいれば、ただ濡れるだけのひともいる。

 

これはボブ・マーリーの名言であり、ぼくの好きな言葉のひとつ。

この考え方は、ぼくの生きる指針でもある。

 

 

自分の人生を愛して生きていきたいと思うけど、やはりまだまだぼくには楽しんでいく力が足りない。

 

だからこそ、この言葉が好きだ。

 

天気が悪いと決めつけない、雨は雨で良いところを見つけて楽しむ。

 

顔からゆっくり滴り落ちる雨水に集中する。

 

カエルは雨を喜んでいる。木々も楽しそうだ。

 

どうせ雨に濡れるなら感じよう。嫌な気分まで流してもらおう。